ドラマ 『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート』 日本語字幕/ 無料予告動画

 

韓国ドラマ『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート 』1話~16話(完)

自由に生活している高校生ロックバンド’眼球浄化’の美男メンバーが自分たちの高校が再開発地域にされ、上流階級の高校に転校をしながら、そこから友情と愛、音楽に対する情熱を育ててイケメンバンドのメンバーたちの成長ストーリーを見せてくれる青春セツな系ラブビートドラマ。

このドラマの『美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート 』見所は13話でドラマの主題曲Infinite L(インフィニットのエル)とYerim(トゥゲウォルのキム·イェリム)がデュエットで歌った「Love U Like U」の歌も聞くことができています。
 

第1話
地元で最高のスーパースターバンド「眼球浄化」。ロックスピリッツと美しすぎるビジュアルですべての女性たちを虜にする。「眼球浄化」のライブを見るために集まった女性たちは年齢不問!

第2話
苦労の末、なんとかチョンサン高校に転校した「眼球浄化」。彼らが校内に足を踏み入れた瞬間、まるで野生動物でも見るかのような視線を向けるチョンサン高校の生徒たち。

第3話
目の前でビョンヒを失ったショックと悲しみにくれる「眼球浄化」は、その悲しみを拭うことができずにいた。ジヒョクは、最後の瞬間にビョンヒからかかってきた電話に出れなかった罪悪感に苛まれる。

第4話
ビョンヒの最後の夢だったロックフェスティバルに参加するための条件は、実力だけでなく“学生”であること! ジヒョクはプライドを捨て、スンフンに最初で最後のお願いをするが…。

第5話
自分たちよりもスアを助けることを選んだジヒョクが理解できない「眼球浄化」のメンバーたち。一方、ジヒョクはスアを狙う黒スーツの男たちから逃れるため、スアと家を交換して過ごすことに。

第6話
「眼球浄化」vs「ストロベリーフィールズ」! ロックフェスティバルの本選に進出した「眼球浄化」は、「ストロベリーフィールズ」との2度目の対決に向け、亡きビョンヒのためにも猛練習に励む。

第7話
月明かりの下、屋上でキスをしたスアとジヒョクの2人だったが、その日からスアはジヒョクを避けるようになる。そんなスアにスンフンは“10年来の友達”から抜け出すため告白するが、スアの心は?

第8話
有名プロダクション、HRエンターテイメントが提示した契約書を社長、ヘリの目の前で破り捨てたジヒョク。5人全員で契約してもらうため、実力をつけて社長を見返してやろうと決意する「眼球浄化」。

第9話
ジヒョクからの突然の告白の後、お互いの気持ちを確認した屋上部屋カップルのスアとジヒョク。しかし、「眼球浄化」はプロダクションの寮に入ることになり、スアはまた屋上部屋にひとりぼっちに。

第10話
危機一髪の状況! ケンカに巻き込まれた「眼球浄化」のもとへパトカーが駆けつけ最悪の事態に…。プロダクションの社長から「会社の方針を破ったらすべてを白紙に戻す」と言われ…!?

第11話
「眼球浄化」のハラハラのデビューステージが話題になり、音楽番組のチャートを独占する人気バンドとなった「眼球浄化」。多忙な彼らにようやく休みが!

第12話
眼球浄化」が自信満々で準備したシングル曲! しかし、レコーディングスタジオに現れたプロデューサーはなんと、スンフンだった! 「眼球浄化」にあれこれと指示するスンフンにメンバーは爆発寸前!

第13話
会見の場で彼女がいると明らかにしたジヒョク。記者の質問は同棲説にまで広がり会場はパニックに。一方、ヒョンスは社長からイェリムのデュエット曲のガイドボーカルを頼まれる。

第14話
スアを守るために別れを決心したジヒョク。スアもジヒョクの音楽活動のため身を引くことを決意する。果たして、屋上カップルはこのまま別れてしまうのか?

第15話
ヒョンスを「眼球浄化」から脱退させるために悪役を演じたジヒョク。そのせいでヒョンスは本格的に芸能活動を始めることになるが…。

第16話
新たなチャンスが舞い込み、以前のようにひとつになれるかもしれないと喜ぶ「眼球浄化」のメンバーたち。お互いが好きで、音楽が好きで始めた「眼球浄化」。彼らはもう一度ステージに立てるのか?


31日間無料で映画・アニメ・韓国ドラマ・が見放題!

[31日間無料で韓国ドラマ・映画・アニメが見放題!]※一部有料
映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが、 スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービスです。 最新作品から名作まで充実のラインナップを揃えています!
現在「31日間無料トライアル」実施中なので、31日以内に辞めたら料金は一切かかりません。

映画ドラマアニメの見放題オンデマンドならUNEXT